南欧住宅、北米アメリカン住宅などの輸入住宅・輸入キッチンなど、オリジナルデザインにて注文住宅・新築住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

株式会社アイディートゥー

輸入住宅 静岡 ID-TWO

〒425-0041 静岡県焼津市石津64-1

 

施工エリア : 静岡市、焼津市、藤枝市、
島田市、吉田町、菊川市 近郊

お気軽にお問合せください

054-625-1133

2×4、2×6工法

静岡、焼津、藤枝、島田市、菊川市近郊でツーバフォーをお考えならID-TWOにお任せ下さい!

2×4,2×6工法の強さの秘密

6面体のモノコック構造

北米生まれの2×4工法は、日本古来の軸組工法とは全く異なる建築工法です。軸組工法が柱や梁などで建物を支えるのに対し、面構造を基本としたツーバーフォー工法は、床、壁、屋根が組み上がることで6面体を構成します。6面体のモノコック構造は地震や台風などの外力を分散させるため、抜群の強さを発揮します。同時に気密性や断熱性を向上させる上でも非常に優れた工法と言えます。

 

2×4工法と在来工法の違い…

2×4工法は「面」で構成されています。
その為、地震や風圧に強い構造体を造る事が可能です。

在来工法は「線」で構成されています。
2×4工法に比べ、地震や風圧に対する強度を出しにくい構造です。

地震・火災が証明する2×4工法の強さ!

まだ記憶に新しい2011年3月11日に発生した東日本大震災の時も2×4工法で造られている住宅は強さを発揮しました。日本ツーバイフォー建築協会の調査によると、津波による被害を除き「当面補修をしなくとも居住に支障のない住宅」約97.6%を占めています。

阪神大震災、新潟県中越地震に続き、2×4工法の耐震性の高さが証明されました。

「奨励準耐火構造」になる為、火災保険がお得に!

ツーバイフォー住宅は地震に強いことは知られていますが火災時にも優れた性能を発揮するため、2×4工法を採用する事により「奨励準耐火構造」の認定が取得できます。

メリットは大きく、住宅取得の際にほとんどの方が加入する火災保険の費用が、在来工法に
比べ「約半額」で同じ保証を受ける事ができます。
資金計画を組立てる上で、予算面でも大きなメリットがあります!

お問合せはこちらから

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

054-625-1133

受付時間:10:00~18:00
定休日:毎週水曜日、第1・第3火曜日